8:30~18:00
毎週水曜日
2020年04月09日
飲食店

栄町2丁目の中華ソバ「鳴門(なると)」

こんにちは、三浦不動産の三浦です。

コロナウイルスの影響でなかなか飲食店も営業しているところが少なくなってきましたが、この間お邪魔した川口市本町2丁目にある中華ソバ「鳴門(なると)」というお店は普通に営業されていました。

六間道路沿いの昭和シェルとゲームシティというゲームセンターの間の道路を北に向かい、セブンイレブンがある一つ目の信号を左に曲がると右側にすぐ見えます。

外観

とても昔懐かしいレトロな雰囲気を醸し出した外観です。

上の看板も暖簾も良い味出してます。

店内の様子

お店に入ると店長が威勢の良い元気な声で「いらっしゃいませ」と迎えてくれたので、気持ちが良かったです。

店内は入ってすぐ左側に4人席のテーブルが二つあり、右側にカウンター席が確か5,6席ありました。

テーブル席側の壁にはサイン色紙と板メニューが飾られていて、トイレのドアにはいろんな川口市出身のアーティスト等のポスターが貼ってありました。

メニュー

メニューには麺類、飯類、トッピング、飲み物、酒友があり、色々と試してみたくなります。

ちなみに今回は中華ソバ(醤油)と店長オススメのとり脂丼を注文しました。

中華ソバ(醤油)

まずは中華ソバ(醤油)です。

具材はチャーシュー・のり・メンマ・葱・なるとといった昔ながらの中華ソバの具材です。

スープは煮干しでじっくり出汁を取っていて、他の煮干しの有名店とは違いとてもシンプルでとても懐かしくすっきりした味で美味しかったです。

鳴門に少し焦げ目をつけてあったのもポイントですね。

とり脂丼

店長オススメのとり脂丼は鶏の脂部分なのですが、モツを柔らかくしたような食感で、少し焦がしているので香ばしくてとても美味しかったです。上に掛かっている七味は引き立てなので、香りもすっきりしています。

ちなみに店長のお話だと油部分を抜いているそうので、意外にさっぱり食べられるとの事。

個人的にはご飯がもう少しあると嬉しかったです。ご飯が進む位美味しかったという事なんですが。

その他

いつかトライしてみたい「キング盛」。賞金とかは出ないみたいなので、悪しからず。

究極の煮玉子も美味しそうですけど、次回はつけ麺も良いかなと思ってます。

あと多分お休みの時に店頭に出す看板があったんですが、可愛すぎます。

店長さんは声を掛けると色々教えてくれるので、楽しかったです。

最後まで笑顔で元気良く送り出してくださいました。

こういうお店はまた来ようって思いますね。

ではまた!

お店の場所・営業時間はコチラ

店名:中華ソバ鳴門(なると)

住所:埼玉県川口市栄町2丁目11−19

電話番号:048-255-7768

営業時間:月~土 11:30~14:30  17:30~21:30                   日   11:30~15:30  17:30~20:30

定休日:毎週木曜日と水曜日の夕方

Facebook:https://www.facebook.com/naruto.tyuukasoba/

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認下さい。

川口市の店舗・事務所探しは当社にお任せ下さい。

■■□―――――――――――――――――――□■■


会社名:株式会社 三浦不動産

住所:埼玉県川口市本町2-12-33

HP:https://miura-fudousan.co.jp/

電話番号:048-242-5565

FAX:048-242-5568

携帯電話:080-5084-8855

メールアドレス:y.miura@miura-fudousan.co.jp

お問合せフォーム:https://miura-fudousan.co.jp/contents/reservation/



■■□―――――――――――――――――――□■■

この記事を書いた人
三浦 克友 ミウラ ヨシトモ
三浦 克友
代表の三浦克友(みうらよしとも)と申します。 1981年(昭和56年)生まれ、A型、川口市出身です。 プライベートでは妻と息子と娘と柴犬(黒)と賑やかに暮らしております。 最近の趣味は、エニタイムでの筋トレと球技全般で、ゴルフを始めました。 基本身体を動かすことが大好きです。 また自宅での役割が日用品の買い出しや洗濯なので、主婦目線にも自信があります。 不動産業界15年のキャリアから培った経験と知識とノウハウを活かし、川口市の在住の皆様と、これから川口市にいらっしゃる皆様のお役に立てる様に努力致します。 どうぞ宜しくお願い致します。
arrow_upward